キャッシング比較

MENU

キャッシングを金利で比較しよう

キャッシングを金利で比較する場合のポイントは、いかに利息を抑えられるかです。
長期的な利用を考えているなら、特に金利の幅をしっかりと比べましょう。

 

15.0%と18.0%の金利があれば、「18.0%が高い。」とすぐに分かります。
そのため金利は比較しやすいものと考えられていますね。しかし、一律金利ではないキャッシングが増えている今、金利の幅を比べないと最終的な返済額が結局多くなってしまうかもしれません。

 

というのは、半年を目途に限度額増額審査を受けられるキャッシングがほとんどだからです。増額審査に通過すると、大きな額を借りられるだけでなく、金利も低くなるケースがほとんどでしょう。この時低い方の金利(最低金利)の%が小さければ小さいほど、最終的に低い金利で利用できる可能性があるわけです。

 

金利は審査に申し込み後決定します。
申込前はあくまでも、予測される金利でシミュレーションすることになりますね。
審査結果がわかってから、最終的な返済計画はまた見直さないといけません。

 

低金利キャッシングと呼ばれるものが増えています。
大手消費者金融と銀行のカードローンは、最高金利に違いがないこともありますね。
この場合も利用計画に基づいて、限度額をアップする予定なら最低金利まで確認しておいたほうがよいでしょう。

 

金利はキャッシングの中でも一番比較しやすいものです。
しかし、審査後でないと本当に適用される金利が分からない点、さらに金利の幅がある点には注意しておきたいところでしょう。