キャッシング比較

MENU

銀行と消費者金融のキャッシングを比較

銀行と消費者金融のキャッシングを比較してみましょう。
どちらも限度額を決めて、範囲内で利用するのは同じと考えてよいのです。

 

カードを使うキャッシングや、振込キャッシングなどで借入をすることになります。
色々なキャッシング方法から選べるものもあれば、利用方法が限定されているものもありますね。

 

大変似ている二つのキャッシング方法ですが、大きく違うのは規制されている法律になります。消費者金融は貸金業法の規制を受けているのです。貸金業法は2010年に改正され、本人収入がある方だけが申し込み対象となっていることに注意しておきましょう。

 

銀行カードローンは貸金業法対象外のため、配偶者に安定した収入がある方も申し込めるものが多いですね。専業主婦の方も利用できます。

 

さらに貸金業法に含まれる総量規制も、限度額から大きな違いとなるでしょう。
総量規制は貸金業者からの借入は、年収3分の1まで借りられるという法律です。

 

たとえば年収300万円の方の総量規制額は100万円となります。銀行カードローンは、総量規制以上の額も希望限度額として申し込み可能です。

 

まず申し込みできるかどうかを判断し、そこからキャッシングスペックなどを比較しましょう。銀行だから低金利と思い込まれていることも多いのですが、最高金利は消費者金融も変わらないものが登場しています。

 

利用方法やスペックなどは大変似ているのですが、銀行と消費者金融のどちらかにしか申し込めない方もいるわけです。申し込み可能なキャッシングを比較して選びましょう。